Daily Archives 2017.02.02

ウルトラハイリリーフ金貨の概要について

2017.02.02
/ / /
Comments Closed

現在、ごく限られた一部の大手貴金属品店や宝石店などが扱うウルトラハイリリーフ金貨ですが、これ自体は1907年と2009年の2回に亘り、それらの年の各1年間という、短い間のみにおいて造幣・流通が許された硬貨類にあたります。それらのうち、2009年に作られた後者の方がその名称を「One Year Type」と呼ばれています。

114427枚という全米の人口の0.9%以降もの少なさといった、限定的かつ純度が非常に高い金貨という鋳造がなされた仕様になっていますので、そうした面もあり、1個あたり約4億円といった高値の相場で、取引がなされる高級貨幣でもあります。そして以上のように、話した内容の通り、希少性が大変高い硬貨貨幣ですので、そのような事情からも、先程も述べた、4億という高値での相場で取引そのものがなされたりする傾向がある事自体、納得がいけるところはあるものとも思われます。

しかし、これほどの高値での売買がなされたりする理由自体は、今話した内容以外にも、その原因があるものとも大いに考えられます。

このため、その事について考察をしていくためにも、次の段落以降においては、さらにある程度詳しく、このウルトラハイリリーフ金貨の作られたきっかけや高額での取引がなされる理由などについて、触れていきます。また、最後の段落において、この硬貨貨幣自体の購入のやり方などについてもある程度述べていくようにします。