Monthly Archives 2月 2017

上手く購入をしていくためのコツ

2017.02.04
/ / /
Comments Closed

以上の各段落部分において話してきた内容から、その高価な相場での取引の現状を鑑みて、株式などと同じように、相場が低いところで購入をしていく事が、やはり基本であるといえます。ただ、このウルトラハイリリーフ金貨そのものの価格相場自体が、今まで話してきたように大変高価なものであり、相場変動自体も、株式の投資などとは違う様相がありますので、この点をようく留意をしておかなくてはなりません。

また、これは世界単位での金全般についていえる事でもありますが、割と相場の変動フラグの波自体も穏やかであり、それ程変化が少ない傾向があるといえます。このため、ほんのわずかなブレ具合での相場のタイミングを見計らいながら、一番低い相場の機会を見て購入をしていくというような形しかありません。

その代わり、ほんの少しの相場で元々の4億円程度の原価相場から変化をした時点である、3億8千万円あるいは同億5千万円くらいの相場あたりの変化が、ウルトラハイリリーフ金貨にはあると考えられます。ただ、それでも2、3千万円もの相場の変動といった実状を考えてみると、かなりの変動であると思われます。それだけでもこの差といったものは大きいですので、こうした細かい場面での判断が購入などの際には必要です。

高額で取引をされたりする理由

2017.02.03
/ / /
Comments Closed

まずは、このウルトラハイリリーフ金貨それ自体が作られる事となったきっかけについてですが、これについては全くわかりません。インターネット検索などでリサーチをしたりしても出て来たりしないような状態ですので、きっかけや理由そのものが、完全に不明であるという現状です。

ただ、同硬貨自体を扱う機関が、アメリカ合衆国の造幣局であり、しかも同国内の国民は1件あたり1個しか持つ事が法的に許されておらず、そのうえ、諸外国人がこれを購入したり所持したりするような事も許されたりはしていませんでした。このような今までの経緯からしても、やはり、4億円規模といった、非常に高額な購入金額の相場設定などといったものの背後には、トップシークレット的な政府レベルでの、何らかの事情がある事には間違いが無いものと思われます。

そして、このウルトラハイリリーフ金貨そのものの純度の高さについても、先程も少しだけ触れたように非常に高く、これ自体が決して通常での流通市場などで扱われたりはしていない規模もの純度の高さがありますので、この点も気になります。やはりその金の仕様のあり方から、起源がどうも、あの冷戦時代にあるような感じもしないではありません。

ウルトラハイリリーフ金貨の概要について

2017.02.02
/ / /
Comments Closed

現在、ごく限られた一部の大手貴金属品店や宝石店などが扱うウルトラハイリリーフ金貨ですが、これ自体は1907年と2009年の2回に亘り、それらの年の各1年間という、短い間のみにおいて造幣・流通が許された硬貨類にあたります。それらのうち、2009年に作られた後者の方がその名称を「One Year Type」と呼ばれています。

114427枚という全米の人口の0.9%以降もの少なさといった、限定的かつ純度が非常に高い金貨という鋳造がなされた仕様になっていますので、そうした面もあり、1個あたり約4億円といった高値の相場で、取引がなされる高級貨幣でもあります。そして以上のように、話した内容の通り、希少性が大変高い硬貨貨幣ですので、そのような事情からも、先程も述べた、4億という高値での相場で取引そのものがなされたりする傾向がある事自体、納得がいけるところはあるものとも思われます。

しかし、これほどの高値での売買がなされたりする理由自体は、今話した内容以外にも、その原因があるものとも大いに考えられます。

このため、その事について考察をしていくためにも、次の段落以降においては、さらにある程度詳しく、このウルトラハイリリーフ金貨の作られたきっかけや高額での取引がなされる理由などについて、触れていきます。また、最後の段落において、この硬貨貨幣自体の購入のやり方などについてもある程度述べていくようにします。